低身長の主な原因

 
3歳を過ぎた子どもの成長には、成長ホルモンが大きく関係してきます。成長ホルモンは、脳の下垂体という場所から分泌され、軟骨の細胞に働きかけて骨を伸ばします。
低身長には大きく分けて、身長が低いこと意外に問題のない体質的なものと、病気が関係しているものの2つがあります。
病気が背景にある低身長の代表的なものは「成長ホルモン分泌不全性低身長症」です。